通信制高校で高校卒業資格を取る場合、高校へ通う学費がかかります。同等の資格に高校卒業認定試験という試験があるのですが、高認試験と通信制高校では費用面の違い以外に、どのような効率面の違いなどがあるのでしょうか?


通信制高校は学費がかかるが効率がいい?

通信制高校ではきちんと授業を受けて、高校卒業の資格を得ることができます。大学受験などでも全日制高校との違いはないので、一度中退したという場合でも、途中から改めて学校で学びなおせるというのは大きな利点となるようです。また、自分で分からない部分は先生にいつでも聞くことのできる環境をつくることが可能なため、自力で行うには学力に不安があるという場合でも安心できます。


高認試験はとにかく費用を抑えることが可能

高認試験でかかるお金は、試験の受験費用だけです。テキストの購入などは義務ではないので、図書館などだけで学習を行う、自分では何も購入せず試験を受けるということも、できないことはないと言われています。ただし、すべてを自分で進めることが大前提にあること、分からない部分も自力で乗り越える意志の強さは必要になるでしょう。塾に通う場合などには、かかるお金はまた大きく変わってきます。