多くの通信制高校では、生徒の途中入学として編入制度、転入制度を積極的に活用しているそうです。単位制の学習では、春と秋、前期と後期で、一度、単位修得の区切りがつきます。そのため卒業や入学のタイミングなども、年に2回あるそうです。


通信制高校への転入は学校の移籍

高校生は、高校2校以上に同時に在籍することができません。そのため、前の高校に籍を置いた状態から、学期などキリのいいところから通信制高校へ移ることを転入といいます。転学、転入生というのは中退などをせず、そのまま籍を通信制高校へ移す生徒のことです。学費なども後期分のみになるなどの違いがあるそうですから、転学を希望するときは、かかるお金の確認を忘れないでください。


編入はいったん籍を抜いて再入学

編入の場合は、すでに高校を辞めてしまった生徒に適用されます。原則として学期の途中などに入ることができませんから、春か秋、どちらかのスタートに合わせての入学になるそうです。転入、編入どちらでも、前の高校で習得している単位に関しては、持ち越すことが可能です。また、辞めたばかりである、学習面での不安がないなど一部の条件をクリアする場合には、特例として編入でも途中からの入学を許可するケースもあるそうです。

PR・・・・・高校中退モミナ(高校を中退をされた方への進学先提案サイト)

Comments are closed.