全日制高校は比較的に卒業するまでの費用も高く、経済的に厳しく感じている方も居るかもしれません。
高校中退している方の中には、経済的な事情からやむを得ず辞めることになってしまったという方の姿も見られます。経済的な事情から高校を辞めてしまって働き始めている方も居るでしょう。しかし、現在は通信制高校があります。こちらの学費は全日制高校と比較してわりと安くなっている傾向にあります。全日制高校のように毎日通学する必要がないという点が、学費に影響しています。通信制と言っても教材費や修学旅行費などが必要になりますので、場合によっては少し金額が高くなってしまう事も考えられます。どのくらいの費用が必要になるのか、それは資料請求を行なって確認するのが良いです。


【通信制高校は単位ごとに授業料が発生する】

全日制高校は年間全て含めた金額になっていますが、通信制は異なります。
ほとんどの通信制高校の授業料は、単位ごとに支払う事になっています。例えば1単位9,000円と決めている学校もあれば、1科目5,000円と決めている学校もあります。単位ごとに値段が異なっているため、その点についても必ず調べるようにした方が良いでしょう。単位ごとに学費が異なるのですが、どのような分野を学べるのかという点についても変わってきます。もちろん、単位ごとの費用以外にも異なりますので、色々調べてチェックしておくことをおすすめします。


【サポート校に入学するならさらに学費が高くなる】

通信制は自学学習となっているため、自己管理力の無い方の場合、続けることが難しくなります。
そこで頼りになるのがサポート校なのですが、こちらに通うとなればそれだけ学費もかかることになってしまいます。全日制高校よりも費用が増してしまうケースもありますが、サポート校にはサポート校にしか学べないこともあるのです。現在では専門分野について学べるサポート校もあるため、費用もそれに伴ってやや高くなっている傾向にあります。サポート校への入学は強制ではなく、自由となっています。同時入学すれば通信制高校で出されているレポート課題をフォローしてもらう事が可能なので、きちんと学習を進めてスクーリングで提出することが出来ます。自学学習に不安を感じている方は、サポート校への同時入学を検討してみてはどうでしょうか?

Comments are closed.