年収910万円以下の家庭では、通信制高校などに通う高校の学費を国が負担してくれる制度があります。高校無償化などと呼ばれるもので、就学支援金と呼ばれているシステムです。奨学金のような返済制度などもなく利用できる家庭の教育に関するお金の補助です。


通信制高校は単位ごとにもらえるお金

このお金は全国の年収910万円以下の家庭での給付となります。年収でもらえる家庭、もらうことのできない家庭が出てくることに対する賛否はもちろんありますが、世帯の収入は子どもの教育に大きな影響を与えるという調査結果などもあることから、年収面での区切りがあるようです。通信制高校で就学支援金を受け取る場合、授業料金が固定されていない制度の教育方法であることから、単位に対してお金を支払うというものになるそうです。


1単位4812円、74単位まで

通信制高校の卒業には、選択、必修科目を合算して74単位が最低必要単位と定められていることから、1単位につき4812円を74単位分、受け取ることができるそうです。1単位の値段は私立の場合、値段に大きな差が生まれていることも多いのが現状なので、1単位の値段なども経済的な面で気になる場合は注目して選ぶことがいいです。

Comments are closed.