通信制高校の中には専門資格として美容師やヘアメイクアップアーティストの資格、医療系だと介護士の資格などを取得できる学校が増加しているそうです。高校に必要な学習と同時に、空いた時間にサポート校となる専門学校の先生の指導で卒業年度に資格を取得することを目指しているそうです。


通信制高校は高専校とは違うの?

高校生の年齢で専門的な学習を進めることが可能な教育機関というと、高専校も頭に浮かんでくる人もいるかと思います。通信制高校と高専校では、資格などにも違いがあるそうです。まず高専校は就学期間が5年間、卒業時には短大卒と同等の知識があるものとして、大学に進学する場合も3年次からの編入生として扱われます。通信制高校の場合は、あくまで国家試験の合格を目指すため、高校卒業資格と国家資格を両方手にするものと考えられるそうです。


高専校は限られたジャンルになっているらしい

通信制高校では美容コースやファッションコースなど多彩なラインナップで授業を受けることを可能としているようですが、高専校では工学や電子など、専門的な知識が多く、そのまま就職をできるという学習だそうです。また通信制高校の場合、資格の学習はサポート校の役割となるため、この分野の学費には支援金などをもらうことができないそうです。

Comments are closed.